赤煙突・釣り工房(両軸遠投カゴ釣り用品)

激震天秤Q&A

Q.激震天秤は市販のカゴやイレクターカゴにも使えますか?

パイプは何を使ってどうセッティングすればいいか教えてください!




A.はい、激震天秤は市販のカゴに対応しております。

パイプの説明など以下の説明を参考にしてください!



激震天秤についての質問ですが、

今から仕掛けと特長についてお答えいたしま~す!











用意した物は



・シモリ 3個

・ズレま栓 1個

・サルカン 2個 (一つは、フック付き)

・カラミ止めパイプ (内径 0.6~0.8mm)

・激震天秤 一個

・パイプ1.2mm 20cm

・パイプ1.0mm 10cm



カゴ

・アンタレス中

・ポルックス

・イレクター仕様

・浮き 2個



などです。



さて!仕掛けですが



ラインに浮き止めを 縛り付けます。







nextシモリを通しズレま栓(棚が深い時は無くても可)を通します。



続いてシモリを通しサルカン(フック付き)を通し 更にシモリを通します。



そして…



ここが重要ポイント!



使用する浮きの長さより5cmぐらい長く

カラミ止めパイプを取りカットします!

コレが全誘導の決め手!



そのカットしたパイプを通します。



そして 激震天秤の出番ですが、

今回は1.2mmのパイプを20cm程とった物を付けて使用します。

それを更に通します!



最後に通した道糸をサルカンに結んでハリスを付ければ



激震天秤ならではの 当たり直感!



激震仕掛けの出来上がり!







さて!

本題の激震天秤のパイプの長さですが

アンタレスやタイタンなどを使用する場合は1.2mmのパイプを

20cm程度で十分だと思います。



また



ポルックスなどの軽量で小さいカゴなどは

激震天秤に1.0mmのパイプを10cm程度にカットして使うと良いでしょう!











更に イレクター仕様の カゴは使えるの?

と言うことですが…



バッチリ!使えますよ~♪!











よく太いステンレス製の天秤を使っているのを目にしますが

飛距離は落ちるはバランスもイマイチ…



なんたって魚が引いた時カゴも一緒に引いてしまうので

当たりが出辛い!



イサキやグレなどは特に厳しいことでしょう。



その点、激震天秤は 一歩進んでいると思います!

またフックに掛けられるタイプのカゴなら

どんなカゴにも使用出来ます。



ぜひご利用ください。

そして釣果が上がることを祈っております。



| ホーム |

ご愛用者様からの嬉しい声

電話注文

商品紹介

釣果報告

投げ方

リンク

Copyright c 2005 赤煙突・釣り工房(両軸遠投カゴ釣り用品). all rights reserved.